リフォームの進め方STEP4
工事中に確認をする

ここでは、工事前の注意点と工事中の確認、さらに途中で工事内容を変更する場合に気をつけたいポイントをご紹介します。

工事を始める前に注意しておくことがあります

  • 工事部分の家財の片づけなど、どんな受け入れ準備が必要か事業者によく確認し、互いの役割分担を決めておきましょう。
  • 水道・ガスなどが使えない期間があったり、仮住まいが必要になることもあるので確認してください。
  • 工事中は、業者の出入り、騒音やゴミの発生などで近隣に迷惑をかけることもあるので、着工前には必ずあいさつをしておきましょう。
  • マンションの場合には、管理組合に届け、共用部分の使用や材料の搬入方法などについて承認を得ておきます。また、工事の騒音などが予想される両隣や上下階へ住む方へのあいさつも忘れずにしておきましょう。
工事を始める前に注意しておくことがあります

工事中に工事内容を変更する場合は、内容を記録しておきましょう

  • 工事が始まったら、工程表どおりに工事が進んでいるかどうか、契約した事業者の担当者から定期的に報告してもらいましょう。
  • 工事の手順や内容などで疑問があれば、担当者に確認して早めに解決しておきます。
工事中に工事内容を変更する場合は、内容を記録しておきましょう

工程表をもとに進行状況や工事内容を確認しましょう

  • 工事の変更は、現場の作業者へ直接依頼するのは控え、工事を契約した事業者の担当者に話をするようにします。
  • 工事内容を変更する場合は、変更内容を書面や図面で明確にし、きちんと記録を残しておきましょう。
  • 工事変更に伴い費用が変わる場合には、再度見積書を提出してもらい、契約変更を行いましょう。
  • 一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会の標準契約書式のなかに契約変更の際に使用する「工事内容変更合意書PDFの書式も用意されているので参考にしてください。
工程表をもとに進行状況や工事内容を確認しましょう
ページの先頭へ